新入生が春休みにやるべきこと3選とやるべきでないこと3選

新入生が春休みにやるべきこと3選とやるべきでないこと3選のアイキャッチ画像です。

はじめに

はじめましての方は、はじめまして。Webアザラシと申します。

新入生の方への挨拶の記事はこちら。

デジタルハリウッド大学にご入学された皆様へ。

この記事は僕の1年〜3年までの経験から「デジタルハリウッド大学の新入生が春休みにやったほうが良さそうなこと、やるべきではないこと」の共通点をまとめたものです。
共通点のため、最低限の内容となってしまいますがご了承ください。

そもそも、自分も春休みを無為に過ごしてしまった人間の1人です。原因は一体何なんだろうと自分に問いかけますが「そもそも何をすべきか分からなかった」というのが答えなような気がします。
なるべく具体的にアクションがしやすいように、具体例まで書いているつもりですが、分かりづらければTwitterの方でご連絡を!
新入生の皆様のお役に立つことが出来れば幸いです!

やるべきこと3選

ここで軽くコンセプトを。皆さんはゲームをプレイする時に「経験値を300獲得する」「これから得られる経験値を2倍にする」という2択を提示されたとき、どちらを選びますか?
状況にもよるかもしれませんが、一般論で言うと「これから得られる経験値を2倍にする」を選んだほうが、得策でしょう。
今回チョイスしたやるべきこと3選は、今言ったような「経験値を2倍」するスキルを優先的に選んでいます。
ぜひ、爆速成長を目指し、習得してみてください。

1. タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得する。

なぜやるか?

  • 大学に入ったらレポートばかりで文字を大量にタイピングするから。
  • 制作ソフトを使用する際に、ショートカットキーを上手く扱えるようになるから。
  • 文字を打つことのコストが減り、検索への抵抗感が減るから。
    (まじでひたすらググってたら、いつのまにかスキルはついてます。)

やり方

  1. まずはひたすらe-typingでひたすらポジションを覚える。
  2. ある程度、場所を覚えたら皿打で遊ぶ。
  3. ステージ1-1をクリアできたら並行して、寿司打で遊ぶ。

基本的には1日15分、PCを起動したタイミングで毎回行うことを推奨します!
また、練習終わりには毎回、e-typingの「腕試しレベルチェック」でタイピングスピードを記録することで、自分がどれだけ上達しているかが数字で理解することが出来ます!

大体、1ヶ月で効果が見え始めて、3ヶ月以内でスピードは遅いながらも習得出来るスキルです!これからの人生のタイピングスピードを倍速にすることで、圧倒的な生産性を手に入れてみてください!

参考 イータイピングhttps://www.e-typing.ne.jp/ 参考 Flashタイピング【皿打 Sara-Da】http://neutralx0.net/sarada/ 参考 Flashタイピング 【寿司打 - SushiDA -】http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

2. 目標を立てる

なぜやるか?

  • 大学に入ると、凄いスピードで日々が過ぎ去っていく。
  • 自分が何をしたいか分かっていたとしても、簡単に軸がブレてしまう。
  • 長期的な視点を持つことで、享楽に流されず、無為に時間を過ごすことを防いでくれる。

やり方

  1. 30歳になった時に、どんな大人になりたいか書き出す。
  2. 社会人3年目(25歳)になった時に、どうなっていたいかを書き出す。
  3. そのためには、大学卒業までに何をすべきかを書き出す。
  4. そのために、大学2年までに何をしておかないといけないか書き出す。
  5. ということは1年後までに何をしておかないといけないかを書き出す。
  6. 5番目の内容を4等分する。それが3ヶ月ごとの目標。
  7. その3ヶ月目標を達するために毎日なにをすべきか?書き出す。

自分は「ビジネス」「スキル」「ヘルス」という3分野で、これらの目標を決めています。
3ヶ月ごと、ということはクォーターごとに振り返れば良いのでラクラクです。

3. 好きなことを探す、やりまくる

なぜやるか?

  • 自分の好きなことが分からず、進路決定に詰むことが多数。
  • 簡単なようで、就活の際に爆死している総合大の学生がとても多い。
  • ライフワークを見つけるきっかけになる。

ライフワークの見つけ方

ライフワークは「好き」「得意」「社会性」の3要素が組み合わさったもの。

「好き」とは、24時間やっても苦にならないもの。
「得意」とは、簡単に1位になれるもの。(手を抜いたり、適当にやっても)
「社会性」とは、よく今まで御礼を言われてきたもの。

自分は人にプレゼンしたり、教えたりするのがすごく好きだし、どうやら得意だし、お礼をよく言われる。
なので、この記事を書くこともある種ライフワークです!楽しんで書いています!

やるべきじゃないこと3選

逆にやるべきじゃないことです。こっちは「やるべきこと」よりも正解に近い気がします。というのも、毎年失敗している学生(自分含め)を見ているからです。絶対にやるなとまでは言いませんが、一般的なデジハリ生には大体オススメしない内容となっております。

1. TOEICの勉強をする

入学直後のTOEICに向けて慌てている方が多数いらっしゃるようにTLを辿っているとお見受けします。これも毎年なのですが、ぶっちゃけ必要ないように感じます。

非推奨な理由

  • 入学直後のTOEICは、英語のクラス分けテスト用。
  • むしろ自分の実力と違うクラスに入ったほうがしんどかったり…
  • 英語が苦手な人のほうがマジョリティーなので点数が低くても恥ずかしくない。

等々が、その理由です。

余談ですがSAクラスは死ぬほどキツイです。(筆者も経験済み)
留学を予定しているためネイティブと話す必要性がある人や、ネイティブレベルの英語運用能力を持っている方にはオススメしますが、日本の英語教育で優秀と言われているだけではすごく厳しいですし、本当に学びたいスキルの学習時間を削られてしまいます…。
自分もセンター英語で満点余裕ニキとしてイキっていましたが、ボコられました。

2. 大学生活について調べる

大学に入ったら死ぬほどガイダンスありますし、デジハリライフでも気になる部分は随時記事をアップしたいと思っております。下手に調べてしまい、ガイダンスの内容を不注意から聞き逃すことのほうがリスキーですし、時間を浪費します。(完全に一年生のころの筆者です。)

3. スキルを学ぶ

意外かもしれませんが、スキルを学ぶことはあまりオススメしません。たしかに、未経験の分野となると焦ってしまうかもしれません。その気持ちはすごく分かります。ただ、こちらも大学に入ったら学びますし、みんなと授業を受けたほうが分からない部分を解決できて良いんじゃないかなと。
既にスキルを習得している方が高めるとかは例外かとは思いますが、せっかくお金を払って大学に入るのですから、この時期はもっと別のことに使うべきかなーと個人的に思っていたりします。

まとめ

以上の内容は、今までの経験で感じたことを根拠に書いています。正解かもしれないし、不正解かもしれない。なので、ご自分で判断してみてください!大学に入ると判断の場面、増えます。大事!
一例を挙げると「スキルは授業で学ぶべきだし、今やる必要はない」と書いてますが、自分は自分の速度で進めたい人間だったので、授業は面倒に感じてしまいました。そのあたりは人それぞれかなと思ったりはします!

あ、最後にはなってしまいましたが、本を読むのもオススメです!
個人的にオススメの本を3冊挙げておきます。

デジハリライフのオススメ書籍

Search Inside Yourself

サーチ・インサイド・ユアセルフの表紙

Googleが取り入れたことで話題になった「マインドフルネス」(日本語でいうと「座禅」でしょうか?)について、Googleのマインドフルネス責任者自身が、どんな効果があり、どういった方法で行うべきか、といったことを書いてくれています。人生が楽になる一冊。

参考 サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法 Amazon.co.jp

さあ才能に目覚めよう

さあ才能に目覚めようの表紙画像

アメリカでIQ150超えの高IQ集団を追跡調査した結果、社長となって大富豪になった人もいればプールの清掃員しかやっていない人もいた。そこで、高IQの人たちが人生を成功できなかった理由を探っていたところ、「自分の強みを活かせていないこと」が原因だと判明した。

この本の巻末についているコードをWebサイトに入力することで、多くの人たちのデータに裏打ちされた診断「ストレングスファインダー」を受けることが出来る。

早い段階で自分の強みを判断でき、なにをどうすべきか理解できる一冊。

参考 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0Amazon.co.jp

ウォートン・スクールの本当の成功の授業

ウォートン・スクールの本当の成功の授業の表紙画像

米国屈指のビジネススクールであるウォートン・スクールにて本当に行われていた授業を書籍化。ワークショップ形式で進む内容に沿っていくことで、「自分にとってなにが幸せなのか?」「どう生きるべきなのか?」「何に幸せを求めるのか?」を理解できると評判の一冊。

参考 ウォートン・スクールの本当の成功の授業Amazon.co.jp

もしも紹介の中で気になるものがあれば、ぜひ読んでみてください!そして、もし良ければ感想等をお聞かせください!意見交換等もお待ちしております!
以上、Webアザラシでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です